最新情報

前回は、AMPの世界観と洗練されたアプリについて説明してきました。

[SONOSの真髄03]新製品AMPの凄さ2〜そもそもセッティングすら不要?

今回は、実際に使ってみた印象をリポートします。

このSONOS AMPを使うのだったら、次のふたつがキーワードになりそうです。

(1)テレビと接続しての軽快シアター

(2)「スピーカー埋め込みによるマルチルームオーディオシステム」

順次、スマート・ホーム株式会社の西本昭裕が説明します。

 

AMPにはHDMI端子がひとつ設けられています。

つまり、AMPを使えば、お好みのスピーカーを使って、テレビの音をよくしてくれます。これが(1)です。

2ch再生なのに、正面以外にもスピーカーがあるかのような立体感、臨場感に包まれるのです。不思議な感覚です。

そして、パワフルな120Wchのパワーアンプ。

拙宅ではBowers & Wilkins 805 Signatureを繋いでいますが、立派にHiFiサウンドを聴かせてくれます。

機能的にはひじょうにシンプルで、ARC対応のHDMI端子があるだけ。

そこにテレビを接続すれば、使い慣れたテレビリモコンでソースを切り替えるだけで、テレビに繋いだレコーダー、Amazon Fire Stick、Google Homeなどの音声が流れてきます。

この快適さは一度体験してしまうと後には戻れません!

次回は、(2)のマルチルームオーディオについて、具体例をもとにご紹介していきます。

コメント

    • きだ
    • 2019年 9月 18日

    こんにちは.
    Sonos Ampの導入を検討しており興味深く拝見いたしました。
    当方もB&WでCM9のトールボーイですが、SONOS AMPで十分駆動できるとお思いでしょうか。
    また、音質はいかがですか? このモデルでは米Qualcomm社のDDFAを採用しているようですが、
    AIRPLAYやDACの質など気になるところです。当方は現在LINN DSMを利用しています。
    ところで額縁の画面が素敵ですね。どのようにカスタマイズされていますか?

      • suite001
      • 2019年 10月 17日

      きだ様、コメントありがとうございます!またブログをお読みいただき誠にありがとうございます!!
      技術担当の西本と申します。
      ご返信遅くなりまして失礼しました。
      さてSonosAMPですがアンプ出力が1チャンネル125Wあり、こちらのB&W Signatureは気持ちよく鳴っていますよ。
      とは言いましても地デジやBSのTV放送やNetfrix、音楽もSpotifyやAppleMusicなどのストリーミングコンテンツがメインです。
      SonosはFLACやALACなどには対応しておりますが現在はハイレゾには対応しておらず、16bit 48KHzまでの再生機能までのため、向き合うピュアオーディオのメインアンプとしては力不足かもしれません。
      ただSonos全体に言える設定の容易さやiTunesで購入したものもNASにリッピングしたアルバムも聞けるなどアプリのスムーズな使い勝手は特筆です。
      またシステムとして複数のSonosスピーカーなどSonos機器と連携機能でライフスタイルに溶け込む存在だと考えSonosをインテグレートするご提案、設計をしております。

      TVの額縁ですがこれは弊社の兄弟会社ハナムラのGLASLUCEのFRAMEminiというシリーズです。こちらのWEBサイトをご覧くださいませ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA