最新情報

前回ご紹介したクレストロン5インチタッチパネル。よく部屋の入口に壁付けされる照明スイッチと同じような佇まいでありながら、従来とは全く異なるスマートスイッチだと申し上げました。

その理由は、この液晶タッチパネルが場面場面で必要なキーのみの表示に切り替わり、誰もが迷わず操作できること。また、ビーコン(位置情報を把握するために電波を発する機能)を持っており、iPhoneなどを持ったあなたが近づくことで照明、鍵などを作動させるといったストレスフリーなインターフェイスであることです。

サイズが同じ5インチでも、ヨコとタテで違いがあります。

横型にはカメラやマイク機能があります。

たとえばエントランスで呼び鈴が押されると玄関の映像が立ち現れ、インターホンのように通話をしたり、電気錠を操作。また、部屋同士や外出先のスマートフォンとの間で、いわゆるテレビ電話も可能です。

一方の縦型はカメラが省かれています。こちらはまさに壁スイッチと同じようなスイッチ的な使い方を想定していますが、従来と異なり音声での通話はもちろん、全館の状況をいつでも確認できる点で、まさにスマートスイッチなのです。

こうして設置した全室のスマートスイッチが、玄関カメラの映像を確認してマイクで話すことができるインターホン「親機」となります。

次回は、実際のお宅への導入例でその素晴らしさを感じていただきたいと思います。

関連リンク:クレストロンジャパンHP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA